大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

未分類

思春期ニキビと大人ニキビは同じ!?思春期ニキビは自然に消える!?

思春期ニキビと大人ニキビの違い!

思春期

昔からニキビは「青春のシンボル」とも言われており。小学校の高学年から中学生くらいになってから出来始めるものが多かったのですが、最近では30代から40代くらいから発生する大人ニキビが出来る人が多くなってきています。

 

しかし、思春期に出来るニキビと大人になってから出来るニキビにはいくつかの違いがあるのをご存知でしょうか?

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いを紹介したいとおもいます。

思春期ニキビとニ大人キビが出来る原因

思春期に出来る「思春期ニキビ」と大人になってから出来る「大人ニキビ」にはいくつか違いがあり、まずはニキビ発生原因が異なります。

思春期ニキビが出来る原因

思春期ニキビは成長ホルモンのバランスが大きく乱れることが原因で発生します。

 

成長ホルモンは思春期に分泌量が多くなるのですが、成長ホルモンは皮脂腺を刺激するためニキビの原因となる皮脂の分泌量が多くなりニキビが出来やすくなってしまいます。

 

また、脂っこいお菓子や食べ物を食べたり、お風呂で洗顔を十分にしなかったりすることもニキビの原因となります。

 

脂性肌の人によくニキビが出来るのも、思春期ニキビの特徴です。

 大人ニキビが出来る原因

思春期ニキビは脂性肌の人に出来やすいのに対して、大人ニキビは肌質を問わずニキビが出来るのが特徴です。

 

例え乾燥肌であったとしてもニキビが出来ることも珍しくはないので、乾燥肌だと思って油断しているとニキビが出来ることもあります。

 

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで出来るのですが、大人ニキビが出来る最も大きい原因はホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌量が増えてニキビが出来てしまうというものです。

 

ほとんどの原因がストレスによるものだと言われており、他にも寝不足や生理前でホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌量が増えてニキビが出来やすくなってしまいます。

 

思春期ニキビが出来やすい部位

acne

若い時にニキビが出来ていた人は心当たりがあるかもしれませんが、思春期ニキビはおでこや鼻の「Tゾーン」と呼ばれる部位に出来るのが特徴です。

 

おでこや鼻は皮脂が分泌されやすく、脂っぽくなりやすいのでニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

大人ニキビが出来やすい部位

大人ニキビは頬や顎の「Uゾーン」やフェイスラインに出来やすいのが特徴です。

 

大人ニキビの発生には男性ホルモンが大きく関わってくるので、男性のヒゲが生える部分にニキビが出来やすいのです。

 

特にアゴに出来やすいというのも大人ニキビの大きな特徴です。

 

また、大人ニキビは一度出来ると同じ場所に繰り返し発生することも多く、ニキビが治りにくいうえにニキビ跡が残ることも多くあります。

思春期ニキビと大人ニキビのケア

思春期ニキビは成長するにつれて次第に消えてしまうのでニキビ跡が出来る可能性も少なく、特別なケアが必要というケースはあまりありません。

 

洗顔等で毎日余分な皮脂を落として肌を清潔にしておけば自然と消えてしまうことが多いようです。

 

しかし大人ニキビは放っておくと炎症が悪化してニキビ跡が出来ることも珍しくはありません。

 

大人ニキビが出来始めたら、それ以上悪化させないように早めに適切なニキビケアを行うことが重要なポイントです。

 

早くスキンケアを行うことで、ニキビ跡が残る前にニキビを消してしまうことも可能です。

最後に

同じニキビでも、思春期ニキビと大人ニキビは発生する原因も出来る部位も異なります。

 

また、思春期のときにニキビが出来なかったからといって大人になってもニキビが出来ないというわけではなく、その反対に思春期のときにニキビが出来たからとって大人ニキビが出来やすいというわけでもありません。

 

いずれにしても普段からニキビが出来ないように、肌をケアすることが大切です。

-未分類