大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

シミ シミが出来る原因

【シミの原因と種類】シミを消すにはターンオーバーが重要!?

シミが出来る原因と種類について!シミは種類によってケアが異なる!?

natural-remedies-and-cures-for-stains

シミとは?

シミは顔や身体に出来る茶色や黒色の斑点のもの全てを言います。

 

シミは「メラニン」というタンパク質の一種である色素から作られます。

 

そして、そのメラニンを作っているのが基底層にある「メラノサイト」という色素細胞であり、そこでメラニン色素が作られています。

 

メラノサイトがメラニンを作り出すのは、外から浴びた紫外線が真皮にまで届かないようにブロックするためです。

 

シミはどうやって出来る?

シミの原因となるメラニンは、通常であればターンオーバーとともにはがれ落ちていくのですが、メラニンがうまく排出できなくなると沈着してシミが出来るのです。

 

メラニンがうまく排出できなくなる原因は、加齢や紫外線の浴びすぎ等があります。

 

メラニンは紫外線を浴びることでメラノサイトからどんどん作り出されるのですが、あまり強い紫外線を浴びてしまうとメラニンが過剰に作られてしまい体外への排出が追い付かなくなりシミとなってしまいます。

 

また、基底層は年齢を重ねると弱まっていき、メラニン色素が基底層の下の真皮へと落ち込んでしまうことがあります。

 

基底層より下はターンオーバー出来ないので、それがシミとなって残ってしまうのです。
メラニン

 

ところで一言でシミといっても、シミにも色々な種類があることをご存知でしょうか?

 

また、それぞれのシミの種類によってケアの方法も異なってきます。

 

シミが出来てしまった場合は、まずは出来たシミがどの種類であるかを確認しましょう。

シミの種類

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑は紫外線の影響で出来るシミで別名「日光性黒子」とも呼ばれています。

 

ほとんどの人が出来ているシミはこの老人性色素斑だと言われています。

 

若い人でも紫外線を大量に浴びると出来やすいので要注意です。

 

初期のシミは薄いのですが、徐々に濃くなってくるのが特徴です。

 

初期の場合は美白化粧品で対処できますが、濃くなってくるとレーザー治療等が必要になってくることもあります。

 

何年かすると隆起してくることもあり、脂漏性角化症へと移行することもあります。

 

色は淡褐色や黒色で、大きさは様々です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症は、老人性色素斑がイボのように盛り上がってきた状態のシミです。

 

腫瘍の1つでもあり、徐々に盛り上がりが大きくなってきます。

 

美白化粧品では対処出来ず、レーザー治療や液体窒素での凍結治療が必要になってきます。

 

色は淡褐色や黒色で、大きさは様々です。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着は、ニキビ跡や傷跡がシミとなって残ったものです。

 

肌が炎症を起こした後に残る色素沈着です。

 

クレンジングや日焼けでも出来ることがあります。

 

また、ムダ毛の処理をして毛穴の周りが炎症を起こして黒くなってしまっているものもこのシミです。

 

最も効果が高いのはピーリングですが、ビタミンC誘導体が入った美白化粧品を使うのも効果的です。

 

色は淡褐色や黒色で、大きさは様々です。

 

花弁状色素斑(かびんじょうしきそはん)

花弁状色素斑は、海で急激に日焼けした後に肩や背中、胸元にできる花びらのような形をしたシミです。

 

美白化粧品では効果がなく、レーザー治療が必要になります。

 

色は淡褐色です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑は色白の人に出やすく、遺伝的要素が高いシミですが、さらに紫外線を浴びることでシミが多くなることもあります。

 

よく白人の人たちに出来るのがこのシミです。

 

一般的には10代から出来始め、鼻を中心とした部位に散らばるように出来るのが特徴です。

 

ソバカス」とも呼ばれており、美白化粧品ではあまり効果がないのでレーザー治療が必要です。

 

色は淡褐色や黒色です。

肝斑(かんぱん)

肝斑は女性ホルモンが関与していると言われており、女性ホルモンのバランスが乱れたときに出来やすいシミです。

 

目の下の頬骨のあたりに左右対称に出来ることが多く、美白化粧品も効果はありますが、内服薬とピーリングを併用するとより効果的です。

 

レーザー治療は悪化してしまうので避けた方が良いです。

 

色は泡褐色です。

最後に

シミにもいろいろな種類があることが分かっていただけたでしょうか?

 

遺伝的な要素もありますが、ほとんどのシミの原因は”紫外線”によるものです。

 

なるべく紫外線は避けるか、日焼け止めクリーム等のUVケアをすることでシミを予防することが出来ます。

 

また、もしシミが出来た場合は、自分のシミがどの種類であるかでスキンケアも変わってくるので、まずは原因と種類を突き止めましょう。

 

シミ消しやシミ対策もシミの種類によっては全く効果がないものもあるので注意しましょう!

-シミ, シミが出来る原因