大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

肌の基礎知識

乾燥肌は美肌の大敵!乾燥肌の原因とは!?そして乾燥肌対策の化粧水とは!?

DRY-SKIN

乾燥肌とは

肌には保湿機能があるのですが、乾燥肌の人は保湿機能が低下し、角質層から水分が蒸発している状態になっています。

 

そして、角質層から水分が蒸発しやすくなると角質層が厚くなってきます。

 

乾燥肌になると皮膚が硬くなったり、シワのように見えるのは角質層が厚くなっているからなのです。

 

また、皮脂量も少ないため肌がカサカサになってしまうのです。

 

乾燥肌になると、ニキビや肌のかゆみ、シワやひび割れ等の症状を引き起こしやすくなります。

 

敏感肌になりやすい

乾燥肌の人は敏感肌に移行しやすい傾向があります。

 

敏感肌になると、外部からのちょっとした刺激でも肌がダメージを受けてしまい、皮膚が赤くなったり、ちょっとしたことでかゆみや炎症が出たりと、肌トラブルが多くなります。

 

そのためにも、乾燥肌のケアを行って保湿をすることが重要になってくるのです。

 

乾燥肌になる理由

乾燥肌は、生まれつき肌が乾燥しやすい体質であるという人が多いですが、そのほかにも、生活環境や住んでいる土地の気候の影響で乾燥肌になる人もいるようです。

 

また、老化により肌の水分量や皮脂量が減少してくることでも、乾燥肌になりやすくなります。

 

肌の水分

maxresdefault
肌には水分の蒸発を防ぐセラミドやヒアルロン酸等の脂質の一種の物質がいくつか存在しており、その中でもセラミドは角質細胞間脂質の約40%も占めています。

 

セラミドを含むこれらの保湿物質がヒトの肌の潤いを保ってくれているのです。

 

ちなみに、乾燥肌は水分の量に関連しており、油分の多さは関係ありません。

 

油分を増やしても乾燥肌は治らないので、水分を増やすケアを行う必要があります。。

 

肌を健康的に、美しく保つには肌の水分量が非常に重要なポイントになってくるのです。

乾燥肌のケア

乾燥肌の人はまず保湿することを一番に考えましょう。

 

肌が乾燥しているということは、角質層の水分量が減少しているということです。

 

そして、保湿物質が減り角質細胞の隙間が大きくなると、水分がさらにどんどん蒸発していってしまうのです。

 

この状態なると、今度は肌が角質層を作り出そうとターンオーバーが早くなりすぎてしまい、未熟な細胞が生み出されることでさらに角質が厚くなって乾燥肌を招くという悪循環に陥ってしまいます。

 

この悪循環に陥らないようにするために必要になってくるのが保湿ケアなのです。

 

保湿でスキンケア

洗顔後は保湿をする

洗顔をした後は、保湿でスキンケアを怠らないようにしましょう。

 

洗顔をしすぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、洗顔料を使った洗顔は1日1回、そして洗顔後には保湿効果のある化粧品を使って乾燥を防ぐようにしましょう。

 

こまめに保湿ケアをする

肌が乾燥してきたと感じたらこまめに保湿を行いましょう。

 

日本の夏は比較的湿度が高いのですが、夏でもクーラーをつけると部屋の湿度が下がってしまいます。

 

また、冬になると空気が乾燥している日が多くなり湿度が少なくなるので肌が乾燥しやすくなります。

 

湿度が低下してくると肌から水分が蒸発しやすくなってしまうので、部屋の湿度は肌に良いとされる60%を保つことが理想的です。

 

湿度が30%以下になると、肌から水分が蒸発しやすくなるので湿度はこまめに確認するようにしましょう。

 

また、加湿器を使うと湿度が上がるので、冬の乾燥した日や、夏にクーラーをつけているときは加湿器を使うと乾燥肌にも効果的です。

保湿効果のある化粧品を使う

保湿ケアを行う場合、普通の化粧品ではなく保湿効果のある化粧品を使う必要があります。

 

その中でも、肌の潤いを保つのに最も重要なセラミドが配合された化粧品を使用するのが良いでしょう。

セラミドの効果

セラミドは肌の潤いを保つ角質細胞間脂質の中でも最も重要な物質です。

 

冬に空気が乾燥しているときでも、セラミドが多ければ水分を保つことが出来るのです。

 

健康な角質層にはセラミドを含む保湿成分がたっぷりと含まれているのですが、乾燥肌の人は保湿物質が正常に働かなくなっています。

 

逆にいうと、乾燥肌の人は角質層にセラミドを補うことで乾燥肌を解消することが出来るのです。

 

また、セラミドは睡眠不足による肌のターンオーバーの低下によっても減少してしまうので、生活習慣を変えることも重要です。

セラミドを増やすには!?

それでは、どのようにしてセラミドを増やせば良いのでしょうか?

 

最も簡単なのは、セラミドを補うことができるセラミド配合化粧品を使うことです。

 

セラミドは即効性があるので、乾燥肌の人はまずセラミド配合化粧品を使ってみることがおすすめです。

 

また、保湿後に乳液やクリームをつけて水分の蒸発を防ぐのも効果的です。

 

セラミド配合化粧品を使っても乾燥肌が治らないのであれば、その化粧品のセラミド含有量が少ないことが考えられます。

 

いろいろ試してみて、自分にあった保湿化粧品を探してみてください。

 

何を使えば良いか分からないのであれば、以下の保湿ケア化粧品がオススメなのでぜひ試してみて下さい。

保湿ケアおすすめ化粧品

アヤナス|トライアルセット


スキンケア大学が唯一認定しているという非常に優れた保湿ケア化粧品です。
特許技術の「ヴァイタサイクルヴェール」により、肌のバリア機能をアップさせることで角質の水分を逃がしません。
また、通常のセラミドの4倍の浸透力のある「セラミドナノスフィア」によって、より効果的に保湿を行うことが出来ます。
ay_00089
 

 

つつむ|たっぷり試せる14日間トライアルセット

敏感肌や乾燥肌の人のために作られた保湿ローションで、肌のバリア機能をアップさせる効果があります。

瞬時に肌に溶けこむように作られているので、すぐに効果を実感できるのもおすすめです。

14日間のトライアルセットなので、値段も安く非常におすすめです。

ts_00046

最後に

肌を保湿することは、乾燥肌の人にとっては非常に重要です。

 

もし肌がカサカサになっていたり、肌が厚くなっていれば乾燥肌の可能性があります。

 

乾燥肌は敏感肌へと移行していく可能性があるので、なるべく早く適切なスキンケアを行ってあげるようにしましょう。

-肌の基礎知識