大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

ニキビ ニキビ予防 美肌 美肌の知識

毎日の有酸素運動でニキビが出来なくなる!?美肌の秘訣は毎日の運動だった!

運動不足は美肌の敵!有酸素運動でニキビが出来なくなる!?

運動

健康な肌を作り出すには、健康な身体である必要があります。

 

健康的な身体を作り出すには食生活や睡眠等も重要になりますが、運動をすることも重要なのです。

 

しかし、最近はあまり運動をしない人が多いので、現在人の多くは運動不足になりがちです。

 

デスクワークで1日中座りっぱなしという人も珍しくありません。

 

運動不足は血行が悪くなって肌荒れニキビを引き起こす原因になったり、睡眠不足を招いて肌のターンオーバーが乱れてニキビが出来る原因にもなります。

 

また運動不足で便秘になることもあり、様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

 

毎日の運動が美肌になる秘訣ともいえるのです。

日常生活で運動をする

日ごろから身体を動かすようにすることが大切なのですが、ジムに通うとお金もかかるし、毎日定期的に運動をするのは難しいですよね。

 

いざ、「運動をしよう」と思っても人間なかなか実行に移すことが出来ないものです。

 

しかし、普段の日常生活の中で少し身体を動かすようにするだけでも十分効果があります。

 

例えば、自宅や会社の最寄り駅より1駅遠いところから歩いたり、エレベーターを使わずに階段を使うようにしたり、電車の中ではなるべく立つようにしたり、と少し意識を変えるだけで十分に運動をすることが出来るのです。

 

また、姿勢を良くすると筋肉が鍛えられるので、普段から姿勢を良くすることを意識することでインナーマッスルも鍛えられます。

 

運動をした方が良いからといって、必ずしもジムに通ったり筋トレをする必要はないのです。

ジョギングとウォーキング、肌に良いのはどっち?

walk

日常生活でも運動をすることは出来ますが、やはり効果的なのはエクササイズをすることです。

 

やはり「運動をする」といえば、最も気軽に始めることが出来るのウォーキングやジョギングが思い浮かびますよね。

 

しかし、「ウォーキング」と「ジョギング」どちらが肌に良いのでしょうか?

 

一般的にウォーキングは有酸素運動でジョギングは無酸素運動になるのですが、肌に良いのは有酸素運動だと言われています。

 

無酸素運動は有酸素運動よりも血流を良くする効果が少ないと言われています。

 

また、いきなり激しい運動をすると身体を壊したり心臓に負担がかかるので、特に普段あまり運動をしない人は有酸素運動から始めましょう。

 

有酸素運動は体脂肪を燃焼させるのはもちろん、全身の血行が流れることで毛細血管が発達し血流が良くなります。

 

毛細血管は栄養と酸素を運ぶのに重要な役割を果たしており、毛細血管が発達していないと肌に必要な栄養が不足し肌荒れやニキビの原因となります。

 

有酸素運動は1日20分程度歩くだけでも十分運動になるので、まずは気軽に始めてみましょう。

ストレッチで血流を良くする

有酸素運動で運動をした後は、ストレッチをするとさらに効果的です。

 

ストレッチには血流やリンパの流れを良くする効果があり、美肌にも非常に効果があります。

 

ストレッチは有酸素運動と組み合わせることでより効果がアップしますが、ストレッチだけでも血流を良くする効果があるので、お風呂上りや寝る前にストレッチをする習慣をつけることで段々と血行が良くなり肌にも良い影響を与えます。

 

寝る前のストレッチはリラックス効果もあるので、眠りにつきやすくなり、良質な睡眠がとれるようになります。

 

睡眠不足は大人ニキビはもちろん、肌荒れやシワ等、肌トラブルの元になります。

 

さらに、疲労を回復させる効果もあるので、運動をした後はなるべくストレッチをするようにしましょう。

 

また、ウォーキングをした後にすぐに身体を止めてしまうと体脂肪の燃焼が止まってしまうので、有酸素運動後にストレッチをして体脂肪の燃焼を促すことでダイエットにもつながります。

最後に

運動をすることは身体良いだけでなく、美肌作りにも効果があります。

 

毎日適度に身体を動かすだけで血行が良くなり、眠りにつきやすくなるのでニキビやシミ等の肌トラブルを予防することが出来るのです。

 

化粧品でスキンキアをすることも重要ですが、身体の中から肌をキレイにすることも非常に大事なのです。

 

ただし、汗をかくとニキビが出来やすくなったり悪化するので、運動して汗をかいた後は出来るだけすぐに汗を洗い流して皮膚をキレイな状態に保つようにしましょう。

-ニキビ, ニキビ予防, 美肌, 美肌の知識