大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

美肌の知識

日焼け止めの塗り方と効果!日焼け止めは正しく塗らないと効果がない!?

日焼け止めの正しい塗り方で美肌を維持しよう!

 

日焼け対策には日焼け止め化粧品を塗ることが当たり前になっていますが、日焼け止め化粧品の正しい塗り方は知っていますか?

 

日焼け止めはただ塗れば良いというものではありません。

 

日焼け止め化粧品を塗るときは、正しい塗り方をしないと効果が薄れてシミが出来てしまうこともあります。

日焼け止めのタイプ

日焼け止めには、「日焼け止めパウダー」、「日焼け止めスプレー」、「日焼け止めクリーム」等の様々なタイプがあります。

 

クリームタイプの日焼け止めは保湿力も高いので、肌の乾燥が気になる方に向いています。

 

スプレータイプの日焼け止めは、いつでもどこでも気軽に塗ることが出来るので携帯用として便利でおすすめです。

 

そして、日焼け止めパウダーはベタつかず、サラサラしているので肌のベタつきが気になる人に向いています。

 

最近では、オーガニック成分を使った「オーガニック日焼け止め化粧品」も人気のようです。

 

さらに、保湿効果のある日焼け止めや、敏感肌でも使える日焼け止め、赤ちゃんでも使える日焼け止め、日焼け止め効果のあるファンデーション等、いろいろなタイプの日焼け止め化粧品がたくさん販売されているので、自分に合ったものを探してみましょう。

 

正しい日焼け止め化粧品の塗り方

 

1.

Woman Hands Putting Sunscreen From A Bottle On The Beach

手のひらに適量の日焼け止め化粧品をとります。

使用量を守らないと効果が薄れてしまうので、よく確認しておきましょう。

このときになるべく多めにとるようにするのがコツです。

 

2.

Apply_Sunscreen_on_Face-300x180

まずはおでこに塗っていきます。

中指や薬指、指のハラを使いながら優しく伸ばしていきます。

おでこや頬骨のあたりはシミが出来やすい場所でもあるので、しっかりと厚く塗っておきましょう。

 

3.

Apply-sunscreen-regularly

広い部分を塗り終わったら、次に細かい部分に塗っていきます。

鼻やアゴなどの塗り漏れが多い場所を丁寧に塗りましょう。

特に鼻の頭は日焼けしやすいので、しっかりとつけ足すとより効果的です。

 

4.

kid-sunscreen

顔全体を塗ったら今度は、ムラにならないように全体にしっかりと伸ばしていきます。

ムラなく均一に塗っていくようにしましょう。

塗り忘れがちな耳の後ろにもきちんと塗っておきましょう。

 

5.

347

顔全体に日焼け止めを均一に塗り終わったら、首元や胸元、首の後ろ等、日焼けしやすい場所にも塗っていきます。

日焼け止めを塗った後に、ファンデーションを重ね塗りするとより効果がアップします。

日焼け止めを塗るときのコツと注意点

 

・使用量をきちんと守る

 

・最初に大目に手のひらにとっておく

 

・頬骨やおでこはシミが出来やすいのでたっぷりと塗る

 

・全体に均一に塗る

 

・日焼けが気になる場所には集めに塗っておく

 

・塗り終わったらファンデーションを重ね塗りするとより効果的

 

日焼け止めを塗るときは上記を意識して塗ると良いでしょう。

 

また、日焼け止めを落とすのにクレンジングが必要かどうかについては、使用している日焼け止め化粧品や、状況によっても変わってくるので必要と感じたらクレンジングをするようにしましょう。

 

最後に

正しい日焼け止め化粧品の塗り方を知っておくことで、紫外線対策がより効果的になります。

 

塗る量が少なすぎると、「日焼け止めの効果がなかった」なんてことにもなりかねません。

 

正しい塗り方で、正しい紫外線対策をしましょう。

-美肌の知識