大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

ニキビ予防

美肌菌とは!?表皮ブドウ球菌を増やすとニキビと体臭が改善する!

美肌を作る細菌があるというのを知っていますか?

 

「細菌」と聞くと、あまり良いイメージはないかもしれませんが、ヒトの身体には1兆個の細菌が付着していると言われています。

 

1兆個というと、もはや想像も出来ないくらいの数ですが、実はこれらの細菌が肌の質や体臭をコントロールしているのです。

 

お風呂に入ると体臭が強くなる!?

woman-in-shower-with-soap-and-sponge-on-shoulder
普通は、お風呂に入ったり、シャワーで頭や身体を洗うと体臭がとれてキレイな肌を保てると思われていますが、実はそれは間違いなのです。

 

なぜかというと、ヒトの身体には「黄色ブドウ球菌」と「表皮ブドウ球菌」の2種類の菌が含まれており、それぞれが肌に対して別の働きをしています。

 

黄色ブドウ球菌はニオイの原因となる細菌で、表皮ブドウ球菌は肌を守る役割りを果たしてくれます。

 

また、表皮ブドウ球菌には体臭の原因となる黄色ブドウ球菌の増殖を抑える働きがあり、この働きによって体臭が抑えられるのです。

 

しかし、表皮ブドウ球菌は洗顔したりお風呂に入ると8割が洗い流されてしまい、元に戻るには8時間もかかってしまいます。

 

つまり、朝からお風呂に入って学校や会社に行くという人は、表皮ブドウ球菌が少ない状態になっているので汗等をかくことで体臭が強くなってしまうのです。

 

朝から頭や身体をゴシゴシ洗っていて体臭が気になるという人は、表皮ブドウ球菌の数が少なくなっているのが原因なのかもしれません。

 

表皮ブドウ球菌でニキビを治療

staphylococcus_haemolyticus
また、表皮ブドウ球菌は別名"美肌菌"とも呼ばれているくらいで、美肌を保つ作用があります。

 

乾燥肌とニキビで悩んでいた女性に表皮ブドウ球菌を1ヶ月与えたところ、肌の水分量が増え、肌の油分が減少してニキビの赤みも減少したという結果が出ています。

 

なぜニキビが改善したのかというと、乾燥肌になると肌の水分がなくなっている状態であり、それを補おうと皮脂がたくさん分泌されてしまいます。

 

そして、皮脂が毛穴に詰まることでニキビが出来るのですが、表皮ブドウ球菌を増やしたことで肌の水分量が増えて皮脂の分泌量が減り、その結果としてニキビが改善したということです。

 

ニキビケアのための過剰な洗顔によって表皮ブドウ球菌の数が減少し、逆にニキビを悪化させてしまうことも有り得るのです。

 

表皮ブドウ球菌(美肌菌)を増やす方法

それでは、減少してしまった表皮ブドウ球菌(美肌菌)はどのようにして増やせば良いのでしょうか?

 

まずは、表皮ブドウ球菌(美肌菌)を減少させないようにすることが大切です。

 

表皮ブドウ球菌が減少する原因としては以下のようなものがあります。

 

ストレス

 

身体の洗いすぎ

 

紫外線を浴びる

 

身体を冷やす

 

まずは第一に表皮ブドウ球菌を減少させないことが大切であり、次に菌のバランスを整えることが重要です。

 

おすすめなのは「HANAオーガニック」で、これは皮膚の常在菌のバランスを整えてくれる作用があります。

新)スキンケア2点セット

最後に

キビが出来るのを細菌が防いでくれていたというのは意外でしたね。

 

ただし、これはまだ研究段階であり、表皮ブドウ球菌が入ったサプリや化粧品等は販売されていません。

 

また、表皮ブドウ球菌は「自分に付着しているものでないと定着しない」ということも分かっているので、市販の表皮ブドウ球菌入り化粧品があったとしても効果はないでしょう。

 

出来ることとしては、あまり過剰に身体を洗いすぎたり、洗顔したりしないようにすることで表皮ブドウ球菌を減らさないようにすることが重要なポイントだと言えます。

 

参考:テレビ未来遺産 緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問

-ニキビ予防