大人ニキビ総合辞典‐大人ニキビの治療から予防まで徹底解剖

大人ニキビを治す方法や予防する方法を紹介しています。

美肌の知識

紫外線は肌を老化させる原因に!でも紫外線を浴びないと病気の原因にも!?

紫外線と肌の影響について!紫外線を浴びすぎると肌が老化する反面、病気になりやすくなる!?

landscape-1445728994-g-sunbathing-155150752

夏になると、ほとんどの女性が紫外線(UV)対策に必死になりますよね。

 

最近では男性でも紫外線対策をする人が増えてきており、男性用の日傘等もたくさん見かけるようになってきました。

 

ところで、紫外線といえば、「シミになる」、「皮膚癌になる」、「日焼けする」、「身体に悪い」というイメージがありますよね。

 

しかし、紫外線が体に良くないことは有名ですが、紫外線にはどんな種類があって、なぜ紫外線を浴びることが悪いのか、というのをきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

そこで、紫外線が肌に与える影響やなぜ紫外線が身体に悪いのか等を紹介していきたいと思います。

紫外線とは?

そもそも紫外線(UV)とは何なのでしょうか?

 

あまり知られていませんが、紫外線には「A波」と「B波」、そして「C波」の3種類があります。

 

この中で最も体や皮膚に悪影響を与えるのが「C波」なのですが、C波はほとんどがオゾン層によって吸収されるのでほとんど地上に届くことはありません。

 

従って、私たちがケアすべきなのは「A波」と「B波」ということになります。

 

A波とB波にはそれぞれ特徴があり、肌に及ぼす影響や紫外線対策も異なります。

A波とB波の特徴

uva

A波(UV-A)

波長が320~400ナノメートルと長く、「長波紫外線」と呼ばれています。

 

一般的に日焼けサロン等で使用されているのがA波です。

 

A波はオゾン層に吸収されることなくほとんどが、地上に届きます。

 

また、雲やガラスを通過するので、曇りの日でも家の中にいてもA波の紫外線を浴びてしまうことになります。

 

以前はA波(UV-A)のエネルギーはそれほど強くはなく、肌への影響もあまりないと思われていたのですが最近では肌への悪影響について注目され始めています。

 

A波はジワジワと真皮に届くことで、肌の老化やコラーゲンを傷つけることでシワやたるみ、シミを残すことが分かっています。

 

さらに皮膚がんを引き起こすことも分かってきています。

 

B波(UV-B)

波長が280~320ナノメートルと短く、「短波紫外線」と呼ばれています

 

B波はサンバーン(日焼けして肌がヒリヒリする)を引き起こす紫外線で、海に行って日焼けした後に肌が赤くなってその後黒くなるのはB波の特徴です。

 

従って、一般的に日焼け止めに含まれているのはB波を防ぐ成分が含まれていることが多いようです。

 

B波は約半分がオゾン層で吸収されますが、A波よりもエネルギーが強くA波と同じようにコラーゲンの老化やシミ、シワ、たるみ等を引き起こします。

 

表皮の細胞を傷つけることで皮膚がんを発現する原因にもなります。

紫外線が多い季節はいつ?

紫外線は夏になると多くなるというのはなんとなく知っていると思いますが、何月が最も紫外線量が多いくなるのでしょうか?

 

気象庁によると、1年の中で最も紫外線量が多いのは「7月と8月」のようです。

 

UV

 

だいたい、5月から紫外線量が増え始め、7月、8月をピークに9月の終わりにかけて紫外線の量が減少していく傾向があるようです。

 

また、1日の中で最も紫外線が多い時間帯は午前11時から午後13時の間で、最も多いのが午後12時のようですが、国内でも地域によって変動があり、札幌では午前11時30分頃がもっとも多くなりますが那覇では午後12時30分頃が最も多くなるそうです。

 

紫外線で肌が老化する!

A波、B波ともに紫外線はシミやたるみを引き起こして肌を老化させる原因になります。

 

紫外線によって老化することを「光老化」と呼ばれています。

 

紫外線を大量に浴び続けることで、皮膚へのダメージやメラニンが徐々に蓄積されていきます。

 

そして、それらがシミやシワ、くすみとなって肌を老化させてしまうのです。

 

紫外線による肌の老化は、若いうちから行う必要があります。

 

未来の美肌に向けて、なるべく早いうちに紫外線対策をしておきましょう。

 

紫外線は浴びる必要がある?

現在では紫外線を浴びることで光老化の危険性があるということはほとんどの女性が知っており、紫外線の強くなる季節になると日焼け止めクリームを塗ったり、日傘で紫外線を予防している人が多くなってきています。

 

しかし、紫外線には皮膚に悪い影響を与えるだけでなく、ビタミンDを合成するという身体に良い作用もあるのです。

 

sunshine

 

ビタミンDが不足すると、病気に対する免疫が弱くなったり、骨粗しょう症の原因にもなります。

 

あまりにも過剰に紫外線を避けていると、肌の老化は抑えることが出来ても、他の病気にかかりやすくなってしまうのです。

 

1日15分紫外線を浴びることで必要なビタミンDが生成されるので、ある程度は日光を浴びるようにしましょう。

 

ちなみに、ビタミンDを生成するのはB波だと言われています。

 

どうしても紫外線を浴びるのが嫌というのであれば、ビタミンDを補強できるマルチビタミン等を使用すると良いでしょう。

 

最後に

紫外線はシミやたるみを引き起こすことで肌の老化を招く原因にもなりますが、紫外線を浴びないとビタミンD不足になって様々な病気を引き起こしやすくなります。

 

紫外線と上手く付き合っていくことが、肌にも健康にも重要になってきます。

-美肌の知識